クリオネア 効かない

わきがや汗じみ対策ににクリオネアを利用していても、効かない!と感じている方もいるようです。正しい使い方をしていても効果を感じないのは何故でしょうか?クリオネアの効果的な使い方を紹介します。
MENU

クリオネアが効かないって本当?わきが対策に効果的な使い方はコレ!

わきがや汗じみで悩む方の中で、クリオネアを愛用している人って多いのではないでしょうか?

 

無添加・無香料で、肌に優しい天然植物由来のエキスを使っていたり、返金保障制度があるなど安心して購入できるのが人気のワケ。
でも、中にはクリオネアでも、わきがに効かない!汗を抑えられない!と効果を感じなかったかたもいるようです。

 

やっぱり強い成分じゃないと効かないのかしら?そんな風に思う前に、もう一度クリオネアの使い方をよく調べてみましょう!

 

 

<においが消えないのは何故!?>

 

嫌なにおいは菌が原因です。
汗は、出た時からにおうのではなく、皮脂や垢がまざって雑菌が繁殖し、嫌なにおいの汗へと変わります。

 

これは通常の汗が出る「エクリン汗腺」も、独特なにおいを発生させてしまうフェロモン発散用の「アポクリン汗腺」も同じで、汗と菌の混じり合いが原因なんです。

 

クリオネアは菌を徹底して殺菌するイソプロピルメチルフェノールを配合しています。

 

長い名前だし聞いたこともないかもしれませんが、傷の消毒薬などにも用いられ、強い殺菌効果があります。

 

もしこの成分が肌に合わずに炎症を起こしてしまった場合、そこから雑菌が繁殖して逆効果になる場合もあります。

 

炎症を起こしているわけでもなく、効かないと感じるようなら、塗る量を少し増やしてみてください。

 

30gしか入っていないので、たくさん使うのは気が引けるかもしれませんが、クリオネアの1日の最低推奨使用量は6プッシュなんです。
結構しっかり塗りこむイメージですよね。それよりも少ない量で使っていて、効かないかも・・と感じた方は勇気を出して6プッシュ!してみてくださいね。

 

また、お風呂から出た後などにも塗るなど、使い続けて脇の下の環境を整えることも大切です。

 

雑菌が繁殖しにくい清潔な環境にしておくことで、嫌なにおいを徐々に解消できる事もあります。

 

使い続けられるように、肌に優しい天然植物エキスや、肌を清潔に美しく保つための成分、ヒアルロン酸・ユキノシタエキスなどもたくさん配合されているんです。

 

 

<汗が抑えられないのは何故!?>

 

クリオネアには、汗を抑える有効成分、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合しています。

 

こちらもまた長くて聞いたことのない名前ですが、皮膚などのタンパク質と結合し、被膜を作ってくれる成分です。

 

この被膜のおかげで、汗を抑えるだけでなく、雑菌と混じり合う汗の量をコントロールできるので、においを軽減する事もできるんですね。

 

汗を抑える効果がありますが、汗をかかなくするわけではないので、特に汗っかきの方は効果を感じにくいのかもしれません。

 

少し汗をかいたところで「しまった!脇汗かいてる!におったらどうしよう」とストレスに感じたり、すぐにふき取ってしまうのもNGですよ!

 

肌の水分をキレイにふき取ってしまうと、体はそこを潤そうとまた汗を出してしまうんです。そうすると、拭いては汗が出る、焦ってまた汗が出るの悪循環が始まってしまいます。

 

 

汗を拭きたい場合は、適度に水分を残しておくのがポイントです。

 

こちらもクリオネアの使用回数を増やし、しっかり塗りこんで様子を見てみましょう。

 

また、クリオネアを使っているのだから、いつもより汗は出ないはず!大丈夫!という心のゆとりも大切ですね。

 

 

<6プッシュするなら2本セットが絶対お得!>

 

最低推奨使用量6プッシュを毎日続ければ、当然ながら減りも早くなりますよね。

 

1本の通常価格が5980円、定期便で4980円になりますが、定期便の2本セットならさらにお得な8180円になります。

 

ドラッグストアなどで売っているデオドラント商品と比べれば高いと感じますが、これで毎日のにおいと不安から解放されるなら、試す価値はありそうです。

 

試しに使ってみて、やっぱりダメだと感じた場合、返金保証もあるので安心ですね!

 

公式サイトに詳しく書いてありますので、興味がある方はぜひ確認してみてください。

 

>>クリオネアの公式サイトはこちら

メニュー

このページの先頭へ